女性は月に一度の月経の影響もあり、男性より貧血になりやすい体質です。特に注意したいのが妊娠中の女性なのですが、なぜ妊娠すると貧血になりやすいのでしょうか?

今回は貧血の具体的な症状や胎児への影響、また貧血を予防するための対策法や食事内容について調べてみました。妊娠前から貧血対策を知っておくと健康的なマタニティライフを送れるのではないでしょうか?

 

貧血の症状と胎児への影響

貧血と言えば、立ち上がった瞬間に頭がクラクラする、フラつくといった症状がよく知られています。

しかしこれは脳貧血と呼ばれるもので、一時的に血圧が下がる事で起こります。妊娠中に注意しなければいけないのは、血液の濃さが薄くなるために起こる貧血です。

具体的な症状はめまいや立ち眩み、倦怠感、眠気、動悸や息切れ、頭痛、吐き気などが挙げられます。

一般的に妊娠中期から後期にかけて貧血になりやすいのですが、普段から貧血気味の人は妊娠初期からでも症状が出やすくなります。

貧血になると母親の体調が悪くなりますが、胎児にとっても良い影響を及ぼしません。

貧血の中でも重度になると、胎児に十分な酸素や栄養素が届けられなくなり、早産や低出生体重児が生まれるリスクが高くなります。

また出産前まで貧血の状態が重いと、微弱陣痛でお産が長くなったり、分娩時の出血が大量となって輸血が必要になる可能性も出てきます。

妊娠中に貧血になりやすい理由

妊娠中に起こる貧血は鉄欠乏性貧血と呼ばれます。名前の通り、鉄分が不足する事で起こる貧血です。

そもそも妊娠すると胎児を育てるために子宮が大きくなって必要な血液量が増えていきます。

また胎盤の血液の需要も増えるため、妊娠していない時期に比べると血液が不足しがちになります。

もちろん妊娠する事によって血液量も増えますが、血液中の赤血球が増えるスピードが追い付きません。そのため血液量が増えても、濃度が薄いため貧血症状となるのです。

加えて胎児の成長にも血液は欠かせません。基本的に胎児の成長は母親の体の中にある貯蔵鉄で補っていくのですが、もし長蔵鉄の量が少ない場合は胎児が優先となるため、母親は貧血になります。

特に妊娠後期になると、胎児の必要な鉄分の量がどんどん増えるため、貧血患者も増えていくのです。

また人によっては妊娠初期から貧血になりやすい人もいます。もともと貧血気味であった人はもちろん、悪阻も大きく影響しています。何も食べられない状態が続くと、本来必要な栄養素を補給する事が出来ません。

鉄分もほとんど摂取出来ないとなると、鉄欠乏性貧血も深刻になっていきます。

貧血予防のための対策法とは

貧血にならないために普段から対策をとっておく事が大切ですが、具体的な方法として、まず食事療法が挙げられます。鉄分が不足しがちであれば、食事から鉄分を補えば良いのです。

鉄分を多く含む食材は肉や魚、卵や乳製品となりますが、鉄分だけを意識して摂取しても効率は良くありません。

鉄の吸収を助けるタンパク質、鉄が吸収されやすくなるビタミンC、たんぱく質の合成を助けてヘモグロビンを生成するビタミンB6なども必要な栄養素となります。

また貧血と診断された時に、病院から鉄剤を処方される事もあります。吐き気や下痢、便秘など副作用の症状が出る事もありますが、胎児への影響はありません。

もし鉄剤が体に合わない、または鉄剤だけでは貧血が治りにくい場合は、漢方薬で様子を見る事もあります。鉄分の多い食事を意識し、鉄の吸収を助ける働きがある漢方を飲む事で症状改善の効果が期待出来ます。

バランスの良い食事で貧血のリスクは減らせる

普段から貧血気味の人は、妊活を意識した頃から食事に気をつけていかなければいけません。

十分な栄養素を摂っていれば体に鉄分が蓄えられ、妊娠初期の悪阻がきつい時期も乗り切れるかもしれません。

バランスの良い食事とは肉も魚も野菜も乳製品も万遍なくとる事です。また妊娠中に必要とされる葉酸も貧血対策に有効であるため、積極的に取り入れる事が大切です。