妊活中は大切な子供のために、お腹の中の胎児の状態をしっかり確認して万全の状態にしてあげたいという人も少なくありません。

そのために行われるのが胎児の状態を知る出産前診断ですが、これに新しく新型出生診断というものが現れ始めています。

この新型出生診断がどういうもので、どんなメリットやデメリットがあるのかなどについて解説していきます。

新型出生前診断とは何か?

新型出生前診断とは、胎児や母体に悪影響を与えることなく胎児の遺伝検査を行うことが出来る検査の事を指します。

従来の出生前診断では羊水を採取して調べる羊水染色体検査や、胎盤の一部である絨毛を採取して行う絨毛染色体検査などがありました。

しかしこれらの方法では採取時に母体への負担がかかるため、検査時の採取が原因で起きる流産の可能性が0.3%~1%ほどあり、検査を行うことにリスクが有りました。

しかし新型出生前診断では血液検査によって胎児の遺伝検査を行えるようになったため母体へのダメージが少なく、検査が原因による流産というリスクを回避することができるようになったのです。

新型出生前診断を受けるメリット

新型出生前診断を受ける事のメリットはなんと言っても、通常の出生前診断と比べて低リスクで検査することが出来る点です。

また子供に先天的な異常があるかどうかは、子供だけではなく夫婦にとっても将来に大きな影響がありますし、覚悟も必要になることです。

事前にそうした異常の有無を知ることは安心して子供を産むことや、生まれてきた子供の異常を受け止める覚悟を決める時間を得ることにもなります。

新型出生前診断以外にも母体の血液を調べる母体血清マーカーテストというものがありますが、この母体血清マーカーテストと比べると新型出生前診断は血液から胎児のDNAの断片を解析できるため、従来の方法と比べても高い精度で異常を察知することができます。

母体への負担軽減以外にも新型を選ぶメリットがあると言えるでしょう。

新型出生前診断を受けるデメリット

新型出生前診断にも当然デメリットや注意点と言ったものがあります。

確かに新型出生前診断は「非確定的検査」と言われるものの中では、他の母体血清マーカーテストや超音波検査などと比べて検査精度が高いと言われていますが、それでも100%確実に分かるということではありません。

ダウン症が疑わしいという結果が出たとしても、必ずその子供がダウン症になるとは限らず、健常な子供として生まれてくる可能性もあるのです。

そのため仮に新型出生前診断でダウン症の疑いがありと出た場合でもまだダウン症にならない可能性が残っており、よりハッキリとした診断を知るためには「確定的検査」である羊水染色体検査を受ける事になりかねないケースもあります。

先天的な異常があった場合、状況や子供自体の将来の不幸を考えると中絶するという決断をする人もいますし、そういった重大な決断をくだす際には、この確実とは断言できない精度が問題となってくる場合もあるでしょう。

新型出生前診断の料金相場

新型出生前診断は保険の適用がまだ認められておらず、自費診療となるので負担が大きくなってしまう問題を抱えています。

新型出生前診断の費用相場はおよそ20万~25万円ほどとされています。

新型出生前診断と同じ非確定的検査である超音波ではダウン症の可能性を、母体血清マーカーテストでは染色体異常をそれぞれ検査する方法ですが、新型出生前診断ならダウン症と染色体異常の両方を調べることができます。

そのため二つの検査分の内容が分かる事を考えると多少の費用負担も仕方ない所はありますが、実は超音波検査では1~2万円、母体血清マーカーテストでは2~3万円ほどの費用となっているので、精度は落ちるものの少しでも費用を抑えたい場合は超音波検査と母体血清マーカーテストそれぞれを受けるという人も中には居ます。

また母体への負担やリスクはありますが確定的検査である羊水検査でも10~15万円、絨毛検査も同じく10~15万円ほどが相場となっています。

もし新型出生前診断で20万円掛けて検査した結果陽性が出てしまった時、念の為に羊水検査でも調べると合計で30万円ほどかかることになり、無視できない費用負担があることも注意しておく必要があるでしょう。

安くはない検査なので年齢や経済状況を考えて選ぼう

年齢が高い場合は多少費用が高くても極力母体への負担は減らしたほうが良いケースが多いですし、逆に若く母体が負担に耐えられるけれど経済的に厳しい場合は羊水検査や絨毛検査を選んだ方が経済負担は軽くすることができます。

理想はまず新型出産前診断をして様子を見る事ですが検査費用は安いとは言えないので、母体の状況を考えて検査方法を選んでみましょう。

有名どころは、平石クリニックの出生前診断

新型出生前診断で有名なクリニックとして一番に名前が挙がるのは、平石クリニックかと思います。

平石クリニックは、NIPT検査においては2017年に東京から診療を開始しました。

これまでに20,000人以上の方が検査をされていることもあり、多くの妊婦さんに選ばれているクリニックです。

特に日本全国38の病院と提携しているので、地方でも近隣の病院で検査を受けられる体制が整っていることが高く評価されています。土日にも予約がとれると好評です。

出典:平石クリニックの出生前診断まとめサイトより引用

上記の通りなのですが、地方在住でも比較的近隣の施設で検査を受けることができます。

気になる方は、サイトをご覧になってみてくださいね!