仕事をしている女性にとってつわりの症状はかなりつらいもので、とても業務を続けることはできないという状況に陥ることも少なくありません。

つわり中でつらい時にはどんな対処ができるのでしょうか。

時短勤務や欠勤などを許してもらえるのかと悩む人もいるでしょう。つわりの時にできることや、根拠としての診断書の手に入れ方を紹介します。

つわりが辛い場合は無理をしないことが大事

まず大前提としてつわりが辛いときには決して無理をしないことが重要です。

胎児をお腹の中に宿している状況なので、ここで母体に大きな負担がかかってしまうと子供にも悪影響を与えてしまうリスクがあります。

納期がある、顧客がいる、上司からのプレッシャーがあるなどといった理由で出勤せざるを得ないと考えてしまいがちですが、自分にとっても子供にとっても大切な時期なので、大きなストレスを抱えないようにするように心がけましょう。

まだ頑張れると自分を後押ししてやりすぎてしまうと、体調を崩しやすい時期でもあるので、前向きに休むという気持ちを持つのが肝心です。

上司に相談し、勤務時間や休みの相談をしましょう

仕事による負担を減らすためには、上司に相談するのが最も良い方法です。

つわりが辛いと話せば、大抵は事情を理解してくれるので、症状や現場の状況に応じてどうするのがベストかを話し合ってみましょう。

例えば、時短勤務が可能かと聞いてみる方法があります。

通常は育児休暇後に適用する制度ですが、会社として妊娠時期にも取得を認めているのであれば短時間勤務を行えるでしょう。パートで働いている場合には、勤務時間を減らすという対応をしてくれる可能性もあります。

一方、症状がかなりつらい場合には、勤務時間を減らしても働くのが大きな負担になります。

その場合には休みを取りたいと率直に伝えるのが良い方法です。欠勤扱いにせざるを得ない、あるいは有給休暇を使うしか手立てがない場合もありますが、産休と育休の期間をずらしてくれるなど柔軟な対応を取ってくれる場合もあります。

有給の取得などの場合にも、上司が許可してくれないというトラブルが起こるケースもないわけではないものの、つわりが理由であれば止むを得ないと判断してくれるでしょう。”

仕事を休んだ方がいいレベルのつわり症状

つわりの症状がどのくらいかによって仕事を続けても良いか、思い切って休んでしまった方が良いかは異なります。

つらいと感じているのであればどんな症状であっても休んでおくに越したことはありません。

しかし、どちらか迷ってしまうようなときもあるでしょう。もし下記のような症状があるのなら休む方向で考えるのが無難です。

  • 嘔吐を繰り返している
  • 水も食事も摂ることができなくなっている
  • 脱水状態になっている
  • めまいや頭痛を起こしている
  • トイレに行く回数が増えている
  • 動悸が起こっている
  • 体力が低下してフラフラ状態になっている
  • 体重が5kg以上減ってしまった
  • 極度の倦怠感がある
  • 冷や汗が止まらない

このような症状に一つでも心当たりがあるなら無理せずに休むのが賢明です。

つわりの診断書を書いてもらうには?

上司に相談するときにはつわりの診断書があると客観性があることから説得力のある交渉ができます。

つわりの診断書は産婦人科にかかれば症状に応じて書いてもらうことが可能です。

会社の上司に相談して勤務時間を短くしたい、あるいは休みをもらいたいと思っていることを医師に伝えるとスムーズで、その診察の日のうちに書いて渡してくれるでしょう。

つわりがつらいときには仕事の負担を減らそう

つわりがつらいときに無理をしてしまうとお腹の中の胎児にも悪い影響を及ぼしてしまうリスクがあります。

心身の状態を少しでも良くできるように仕事の負担を減らすのが大切です。

産婦人科の医師につわりの診断書を書いてもらった上で、上司に相談して勤務時間を短くしたり、休みをもらったりできるように交渉してみましょう。