妊活中は葉酸サプリを摂った方がよいといいます。

しかし、どうしてそれが必要なのか、いったいそれにどういう効果があるのかと、いまいちその必要性がわかっていない方は多いのではないでしょうか。この記事では、葉酸サプリの効果や、妊活中の女性に必要な理由、サプリでの摂取の必要性などを解説していきます。ぜひ妊活の助けにしてくださいね。

葉酸サプリの効果・働きについて

葉酸はDNAの合成に影響する栄養素です。

水溶性のビタミンで、ほうれん草やブロッコリーといった緑黄色野菜のほか、大豆、レバーなどに多く含まれています。

これら食品中の葉酸は身体への吸収率は約50%だと言われていますが、サプリだとその吸収率は約85%まで上がります。

葉酸は妊婦にとって非常に重要な栄養素。その理由として挙げられるものの1つが、赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスク低下に効果が見られる点です。

妊娠の初期の頃から赤ちゃんの神経系は作られ始めます。そして、妊娠から7週間くらいまでに先天異常は起こる可能性が高いのです。

妊活中の女性、妊娠初期の必要な葉酸の摂取量

妊活中の女性が妊娠初期に必要とされている葉酸は、1日あたり400マイクログラムだと言われています。

妊娠していない状態であれば、一般的な日本人の平均葉酸摂取量で問題はないという話です。

ただし、これから妊娠を予定している女性や、現在妊娠中の女性の場合、普段の摂取量の約1.8倍の葉酸が必要になってきます。これは妊婦である本人以外に、胎内にいる赤ちゃんも葉酸を必要としているからです。

また、妊娠の初期にはつわりが発生します。つわりが原因で食事を摂ること自体が難しくなることも少なくありません。

食事が不足し、葉酸も不足してくると赤ちゃんだけではなく、妊婦である母親にも貧血などの悪影響がでてきてしまいます。

こういったことを踏まえ、厚生労働省は食事による葉酸摂取以外にも葉酸サプリを利用して、1日400マイクログラムの葉酸の摂取を推奨しています。

食事だけで葉酸を補うことは難しいからこそサプリを活用したい

妊婦にとって必須レベルの栄養素、葉酸。

これを食品だけで摂取しようとすると1日あたり、どれくらいの食品を摂取する必要があるのでしょうか。

1日あたりに必要な葉酸は400マイクログラムです。これをゆでた枝豆に換算すると、1日あたり約77さやの枝豆を摂取する必要があります。

「枝豆はちょっと…」という方のために枝豆とは別にアボカドで例を挙げると、アボカドを約3個摂取でだいたい400マイクログラムです。そして、妊婦には葉酸以外に鉄分も必要とされています。

1日あたり必要な鉄分21.5ミリグラムを牛もも肉で換算すると、1枚あたり70グラムの牛もも肉を約11.3枚。

納豆で換算すると、1パック40グラムの納豆を約16.5パック摂取する必要があるのです。

さすがにこれだけの食品を1日に摂取するのは無理がありますよね?

1日だけだとなんとかなるかもしれませんが、これを2日、3日と続けていくのは大半の方は難しいでしょう。

だからこそ、サプリでの摂取が推奨されているわけですね。

葉酸サプリは飲み続けた方が良いのか?

妊婦に葉酸の摂取が勧められているのは、妊娠の1ヶ月前から妊娠3ヶ月までの間です。期間を過ぎたら葉酸サプリの摂取を辞めてしまっていいのかどうか悩む人は多いでしょう。

葉酸は神経管閉鎖障害の予防の効果だけでなく、赤血球を生成するために必要な栄養素としての側面もあります。

厚生労働省も妊娠中は240マイクログラム、普段より多く摂取することを推奨しています。

ただし、葉酸サプリを必要以上に多く飲みすぎたり、妊娠後期になっても摂取し続けていたりすると喘息のリスクが高まる可能性があるという話もあります。

一方で、葉酸サプリと喘息には何も因果関係はないという研究結果も複数あり、実際のところははっきりとした答えはないというのが実状でしょう。

間違いないのは「妊娠1ヶ月前から妊娠3ヶ月までは葉酸サプリを摂取するべきである」ということです。妊娠3ヶ月以降も葉酸サプリを摂取する場合は少し量を減らして摂取するとよいでしょう。

生まれてくる赤ちゃんと自身の健康のために

葉酸は胎内の赤ちゃん、妊娠中の母親にとって非常に重要な栄養素です。

母子ともに健康であるために決して欠かせてはいけません。

食品だけで賄うにはいささか無理があるのが難点ですが、そのために葉酸サプリという心強い味方がいます。

厚生労働省の奨めの通り、葉酸サプリを活用して必要な栄養をきちんと摂るようにしましょう。